進化する治療法

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むため、骨の基盤が整っていないと治療が困難なケースがありました。
また、歯周病や歯肉炎などがある場合にはまずその治療を行う必要があったり、重度の症状の場合は、歯肉が支えきれないとして治療を断られるケースもありました。
一方、患者さんの側でも、インプラントに興味はあるものの、切開手術が伴うため、怖くて治療に踏み切れないという方もいらっしゃいました。
そして、インプラント治療で、丈夫な歯を手に入れるためには、半年から1年もの時間を必要とするため、総入れ歯の方の場合には、全体を治療するのが大変な負担になる、という話も聞かれます。
しかし、現在では、こういった問題にも解決策を与えてくれる画期的なインプラント治療法を提供するクリニックも増えてきました。
一度、カウンセリングに出向き、治療が難しいと言われた方や、医師の方針に納得がいかなかったという方は、最新の治療法を手掛けるクリニックに相談に出向いてみるのも得策です

例えば、人工歯根を固定する骨が薄い骨密度が少ないと言う場合、これまでは、骨の移植や造成を行う必要がありましたが、そのためには1年あまりの骨の養生期間が必要となり、その間は、流動食を摂るなど食事制限もあって、かなりの負担になることから、治療をあきらめる人がいました。
しかし、画期的な1日で完了するインプラント手術では、骨質の良いところを選んで埋め込んだり、必要に応じて、インプラント埋入と同時に人工の骨を埋め込み、さらに、その日のうちに仮の歯を装着させることができます。
つまり、1日も、歯がなくて、物が食べられない、話せないという日はないわけです。
同様の治療法により、総入れ歯の方も、たった1日で綺麗なインプラントが揃い、重度の歯周病の方も、抜歯後にインプラント治療が可能になるのです。
これは、1本1本にインプラントを埋入するのではなく、数本の歯を1本で支えるというもので、この治療を行うには、医師の高度なスキルが必要になっています。

また、手術が不得意な方には、無切開手術(フラップレス)術式という治療法も登場しています。
あらかじめ、CTによる精密検査やコンピュータシミュレーションによって最適な埋入ポジションを確定して、確実にそこにインプラントを埋入するという技術で、歯肉にメスを入れずに行えるというものです。