インプラントは保険適用できないって本当?

加齢なおが原因で歯や歯茎が弱り、健康な歯を取り戻すために行うインプラント治療ですが、人工歯根や歯の被せ物という高価な材料を使い、高度なスキルを要求する手術がを行うので料金が高額になります。
費用が高額でも、健康保険証を提示することで3割負担や1割負担などになれば、治療がしやすくなりますが、残念ながら、インプラントは保険適用外です。
この点、歯を失ったり、歯が機能しなくなって、入れ歯を作るケースでは、機能の回復を目的とするものとして、基本的に保険の適用を受けられます。
インプラントも、歯の機能を補うという点で目的は同様に思いますが、今のところ、必要かつ十分な治療を超えた、さらに高度な機能をえるための治療として保険は適用外になってしまうのです。
入れ歯の場合でも、歯の部分で標準的なものより、良質で高価な素材を使うと、保険適用外となることがあります。
つまり、他に同じ機能を達せられる方法があるのに、さらに審美的効果を加えたり、使用感を向上させたり、素材に上質な物を使うなどすると、保険適用外として、全額自費になるのです。
そのためインプラント治療を受けると、本数などにより数百万円の費用がかかることも少なくありません。

支払いは一括払いもしくは、歯科ローンを利用して、分割払いで行うのが一般的です。
なお、インプラント自体は自費診療となりますが、各種検査費用や施術後の定期検診などは、保険適用となる場合もあります。
保険適用の対象外ですが、所得税の計算において、医療費控除の対象になります
医療費控除は、1年あたりの同一世帯の医療費が10万円を超える場合に、そのかかった金額を所得から控除して、支払う所得税負担を減らせる制度です。
医療費控除後に計算された所得税額が、給与所得者など、既に源泉徴収により支払っている税金額のほうが多ければ、確定申告により還付を受けることができます。
この点、支払う税金がなければ、そもそも、税金負担軽減のメリットは受けられません。
そのため、給与所得などがあり、多額の税金をが納めている現役時代のうちに治療を行ったほうが、税金還付のメリットが受けられます。