銀行カードローンの仕組みについて

カードローンとは契約時にあらかじめ設定した限度額の範囲内であれば、自由に借入ができるようになっています。銀行のカードローンを利用する場合は、銀行ATMや提携ATMが設置されている場所から、通常利用している普通預金口座のキャッシュカードを使って借入が可能です。

 

またキャッシュカードとは別に発行された、専用カードを利用して借入する事もできます。預金口座を持っていない場合や、預金口座とは別に返済専用の口座で借入をしたいという場合は、専用カードを使うと便利でしょう。

 

そして多くの場合カードローンは無担保で利用できます。カードローンで借入した資金の使途は基本的に自由ですが、個人事業主が借入した資金を事業運営の資金として利用する事はできません。個人事業主が、事業資金として借入をしたい場合は、専用のカードローンが用意されている金融機関もありますので、まずは確認してみるとよいでしょう。不動産の担保や保証人などが必要になる有担保型のローンは、主に住宅ローンのようにまとまった資金を融資するタイプとなります。

 

尚、銀行系のカードローンは、保証会社が保証することになっているので、借入を利用する際に保証人を立てる必要はありません。しかし、銀行と保証会社の双方から審査を受け、通過しなければなりません。返済方式は、リボルビング払いが一般的で、借入残高がゼロになるまで毎月の支払日に口座振替で引き落としされる仕組みになっています。万が一、返済が遅れてしまうことがあると、保証会社が債務を弁済することになるため、以降は保証会社から請求の取立てを受けることとなります。

 

銀行系カードローンは、消費者金融などの貸金業者ローンよりも低金利で借入ができることが最大のメリットです。また、銀行によっては残高不足で返済分の引き落しができなくなってしまう状態になると、自動的に融資を追加してくれるサービスなどもあります。但し、自動融資についてはあくまでも契約時に取り交わした限度額の範囲内に限ります。その他にも、カード利用によって特典がつくなど嬉しいサービスも豊富です。

 

その一方、銀行系カードローンは審査のクリア条件が厳しいので、審査結果が出るまでに時間がかかるという点がデメリットでもあります。即日融資が可能な消費者金融と比べると、スピーディーさには劣ってしまうと言えるでしょう。

 

カードローンの利用について気をつけなければならないことは、返済計画をしっかり立ててから借入を行うという基本的な事です。たった1日の返済遅延であっても、遅延損害金が発生してしまいます。また、限度額範囲内であれば自由に借入ができるので、カード利用の頻度や自己管理はしっかり行う必要があります。利用前には契約書の内容をよく理解し、特にカードを悪用された場合について詳しく補償内容を確認しておくことが大切です。カードの紛失はなければそれで問題は起きませんので、取扱い、保管については厳重にしておきましょう。

おすすめカードローン3社


オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
オリックス銀行 3.0%〜17.8% 最高800万円 なし
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短即日 なし

※ローンカード発行後



公式サイトへ 詳細へ


アコム


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


公式サイトへ 詳細へ


プロミス

プロミス
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ 詳細へ


このページの先頭へ戻る