銀行カードローンコラム/銀行カードローンの審査基準記事一覧

カードローンとは契約時にあらかじめ設定した限度額の範囲内であれば、自由に借入ができるようになっています。銀行のカードローンを利用する場合は、銀行ATMや提携ATMが設置されている場所から、通常利用している普通預金口座のキャッシュカードを使って借入が可能です。またキャッシュカードとは別に発行された、専用カードを利用して借入する事もできます。預金口座を持っていない場合や、預金口座とは別に返済専用の口座...
銀行カードローン、クレジットカード、どちらも資金を借入する際に利用できる便利なカードですが、それ故に明確な違いが曖昧になっている人も多いことでしょう。どちらも今お金が必要なのに、手元にないといった場合に使えるカードなので、イメージ的には同じようなカードではないかと考えがちです。しかし、銀行カードローンとクレジットカード、具体的な違いがいくつかありますので説明していきます。銀行カードローンのカードで...
銀行カードローンは新規申込時には利用限度額は低く設定されていますので、利用しているうちに限度額を超えそうになる場面が出てくることもあります。そこで、利用限度額を増額したいときはどうすれば良いでしょう。増額にはいくつかの条件がありますので、まずはそれを満たすことが重要です。商品の内容を理解する銀行カードローンには様々な特典のついた商品が存在しています。その中には、増額ができるものと増額ができないもの...
カードローンの利用限度額は100〜500万円までに設定されることがあります。しかし最高利用限度額500万円で借り入れしたくて、申し込み審査に通ったとしても最初からいきなり最高金額を借り入れできるわけではありません。その理由は総量規制という法律によって制限されているからです。総量規制とは貸金業法によって定められた規制のことで、申込者の年収の3分の1を超える金額を貸付してはならないことになっています。...
銀行カードローンを複数の銀行に申し込むと言う人も多いです。なぜ複数の銀行カードローンを申し込むのかというと、申し込みをする時にかかる手間を減らしたいからです。もし、審査が通過しなかった時に、複数の銀行カードローンに申し込むをしていた場合もしかしたらほかの銀行カードローンの審査が通過するかもしれないのではないかと考えているからです。しかし、それは逆効果になることもあります。複数に申し込むことが断られ...
銀行カードローンを申し込みたいけれど、審査に通るかどうか自信が無い場合、複数の銀行カードローンを同時に申し込んでおけば、どれか一つくらいは審査が通るのではないかと考えてしまうかもしれません。同時申し込みも、2,3社程度なら問題ありませんが、あまりにもたくさんの銀行カードローンに同時に申し込みを行ってしまうと、そのことが原因で審査が通らなくなってしまうという場合があります。こうなると本末転倒です。他...
銀行カードローンの利用を考えている人が気になることの1つに、その審査にかかる時間があります。銀行カードローンは、消費者金融などのカードローンに比較して、審査に時間がかかるというイメージがあります。しかし最近は、消費者金融と同じ様に、最短で30分で審査を終わらせる銀行カードローンも登場しています。そして即日融資も可能になっています。つまり銀行カードローンの審査に時間がかかるというのは、もはや昔の話に...
銀行カードローンに限らず、金融機関から融資を受ける場合には、在籍確認は避ける事ができないものの1つです。融資を行う金融機関側は、自己申告された内容に間違いや偽りがないかを確認しなくてはなりません。そのための最も確実な方法が、勤務先への在籍確認なのです。この在籍確認は、通常は電話で行われます。自己申告した勤務先の電話番号へ、個人名での電話がかかってきます。個人名でかかってくるので、勤務先へばれること...
私達命あるものは、いつ、どのような事がこの身に起こるのか誰にも予測がつきません。ある日事故に巻き込まれてしまったり、急病で突然死してしまうこともあるかもしれません。もしも銀行カードローンを利用していてまだ支払い残高が残っているのに、ご本人が亡くなってしまった場合はどうなるのでしょう?そのような場合には、相続人である配偶者や子供などが銀行カードローンの債務も相続するのが一般的です。相続というのは、プ...
銀行カードローンの中でも、返済期間のうちに借入金の残高を一括でまとめて返済することができる一括返済に対応しているところもたくさんあるのですが、この銀行カードローンの一括返済にはメリットがあるのをご存知でしょうか?そのメリットとは、利息を最小限に抑えることができるということです。銀行カードローンを利用した場合その借入金には年々利息がついてきますので、結果的に、借りた金額以上に返済をしていくことになる...
銀行カードローンを利用する時の条件に「保障会社から保証を受けられている」という事があります。もしこれが一般的なカードローンの場合は問題ないのですが、銀行カードローンの時には銀行がお金が返済されないという場合を防ごうとします。いわゆる「貸し倒れ」を未然に防がなくてはいけないのです。ですから、担保または保証人を用意しなくてはいけないのです。銀行カードローンに申し込むときには保証会社から保障されていなけ...
銀行カードローンを利用している時に、お金の返済が遅れてしまうと言う人も居る事でしょう。お金を支払わなくてはいけない日までにお金を用意できなかったという場合や、お金を用意していたにもかかわらずお金を自分の口座に入れておくことを忘れてしまう場合もあります。もし、お金を返すのが遅れてしまった時には「遅延損害金」というものが加算されることもあるのです。この「遅延損害金」は従来、返済をする必要があるお金に対...
銀行カードローンを利用していると、突然お金が必要になった時、またはお金を使いたいと思った時にはとても役立ちます。ですが、とても便利なのでお金をたくさん使ってしまう事や、お金を返すときに手間がかかってしまう事も多いです。もし、銀行カードローンを利用していてお金を返せなくなってしまった時には債務整理という方法が利用できます。債務整理によって自分のお金を返済額を減らすことが出来る可能性があります。債務整...
クレジットヒストリーをご存知でしょうか?これは、銀行カードローン利用した時に、銀行と信用情報機関に記録される利用履歴のことです。クレジットヒストリーは銀行ローンカードだけでなくクレジットカードにも同じようにあるのですが、一度でも返済を延滞してしまうようなことがあると、それはいつまでも履歴として残ってしまうということになります。そして、信用情報機関に記録されたクレジットヒストリーは誰でも見ることがで...
銀行カードローン用語でクレジットヒストリー、略してクレヒスという言葉があります。このクレヒスは、個人情報を保持しているものです。その内容は銀行カードローン、クレジット会社、住宅ローンなどを含む情報です。これらの情報は信用情報機関が管理しています。そして、このクレヒスはどのような人でも見ることが可能なのです。ですから、銀行とカードローンの契約をするときや、住宅ローンを申し込むときの審査をする時に用い...
銀行カードローンは、銀行によるお金を借りるための商品になります。しかし、世間に広まっている借金というものは消費者金融からお金を借りると言う印象があります。消費者金融は別名サラ金と言います。ですから銀行カードローンとサラ金を混同してしまう人も多いのです。しかし、銀行カードローンとサラ金は違います。どのような違いがあるのでしょうか。下記を見てみましょう。・お金を借りられる限度額が違いますサラ金からお金...
もし、今現在銀行カードローンを利用していないのならば契約を続けても大丈夫です。利用していないのですから金利がかかることは無いですし、利用しなくてはいけないと言う義務もありません。ですから即座にカードローンを解約しなくてはいけないと言う事は無いのです。ですが、住宅ローンの様な審査を通過したい時には銀行カードローンと契約をしていない方がいいという意見も多いです。住宅ローンの中には銀行カードローンと契約...
住宅ローンを利用できるかできないか、というのは大きな問題です。住宅ローンを受けられない、審査が通らない、という場合には、消費者金融から借り入れがある、ということが大きな原因となります。消費者金融から借り入れをしていないほうが、住宅ローンを利用するには有利で、借り入れがあると、審査が非常に厳しくなります。では、消費者金融ではなく、銀行カードローンは、住宅ローンにどんな影響を与えるのでしょうか。銀行カ...
過払い金、という言葉を知っていますか?最近では、テレビのCMなどでも「過払い金の返還」といったフレーズを耳にすることがあるかと思います。過払い金というのは、本来返さなければならない金額よりも多い金額を返済してしまった場合の、余分に返済した金額のことを言います。それは、利息制限法によって定められた上限の金利を超えている場合などに発生します。要するに、過払い金の返還、とは、その余分に返済した金額を取り...
銀行カードローンは銀行が提供しています。銀行が提供をしているサービスという事で、定職に就いていて安定した収入がない場合は審査を通過することができないと言う印象がある人も多いでしょう。銀行カードローンはとても敷居が高いと思う人も多いでしょう。しかし、たとえアルバイトであっても銀行カードローンを利用したいと思う人もいるかもしれません。この様な場合にはアルバイトという理由から、銀行カードローンの審査を通...
最近多くの銀行カードローンは顧客獲得ため幅広い客層に利用してもらえるようになってきました。正社員として収入を得ている人のみならず学生という立場でも利用しやすいように基準を広げてサービスに工夫をしているようです。学生、特に大学生で親元離れてアパート生活している人であれば多くの出費が必要になります。学費や基本的な生活費は親から仕送りされるかもしれませんが、学生生活はそれ以外にも費用がかかります。友達付...
最近では誰でもが簡単に作れるようになっている銀行カードローンですが「仕事もせず、安定した定期的な収入と呼べるものが全くない専業主婦は無理なんじゃないの?」と思っている方も多いと思うのですが、ご主人に収入があれば審査を受けることができるので、その審査にパスすれば専業主婦の方も銀行カードローンを利用することができるようになっているのでご安心ください。一番大切なのはご主人の収入ということになるのですが、...

このページの先頭へ戻る