銀行カードローンの返済方法

多くのカードローンは、リボルビング払いで返済するシステムになっています。基本的に借入額に関係なく、毎月一定の金額を返済していくのが、リボルビング払いです。借り入れた金額を複数回で返済する分割払いとは違い、返済額が一定なので返済計画が立てやすいというのが、利用者側から見たリボルビング払いの大きなメリットです。

 

そしてリボルビング払いにも、実は種類があることをご存知でしょうか? 銀行カードローンの場合には、残高スライドリボルビング方式が、多く採用されています。

 

ではこれから、リボルビング払いの種類を紹介しましょう。

 

・元利定額リボルビング方式
月々決められている返済額の中に、利息が含まれています。つまり借入額が多くなればなるほど、月々の返済額に含まれる元金支払いの割合が少なくなるので、なかなか元金が減らないというデメリットがあります。借入額に対して、月々の返済額が少ないと、いつまでたっても借金が終わらないということになりますから、注意が必要です。

 

・元金定額リボルビング払い
月々決められている返済額にプラスして、利息分を返済していく方法です。利息分だけ月々の支払額が多くなるのがデメリットですが、それだけ元金は、毎月しっかりと減っていくというメリットがあります。

 

・残高スライド元利定額リボルビング方式
借入の金額によって、月々の支払額がスライドします。一定の範囲が決められており、例えば借入残高が10万円以下なら月々の返済額は1万円、借入残高が15万円以下なら月々の返済額は1万5千円という具合になります。その金額の中には、利息分も含まれますので、元金返済に当てられるのは、利息分を引いた金額になります。

 

・残高スライド元金定額リボルビング方式
借入残高によって支払額がスライドしますが、利息分は別に返済します。

 

・残高スライド元利定率リボルビング方式
借入残高に利息を足して、それを毎月一定額ずつ返済します。

 

・元利均等払い
これはリボルビング払いとは厳密には言えませんが、途中で借入をせずに、元金と利息の合計を支払い月数で割って、返済する方式です。いわゆる分割払いと同じです。

 

・元金均等返済方式
これも厳密には、リボルビング払いとは言えません。借入額を返済月数で割って、それに利息をプラスして返済していく方式です。これも途中で追加の借入がないことが前提です。借入額が多いうちは、利息も多くなるので、実際の支払額が大きくなりますが、返済による元金は確実に減っていき、総返済額も元利均等返済方式よりも少なくなります。住宅ローンの返済などで一般的な、いわゆる分割払いです。

おすすめカードローン3社


オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
オリックス銀行 3.0%〜17.8% 最高800万円 なし
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短即日 なし

※ローンカード発行後



公式サイトへ 詳細へ


アコム


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


公式サイトへ 詳細へ


プロミス

プロミス
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ 詳細へ


このページの先頭へ戻る