銀行カードローンの審査に落ちる場合についての検討

確かに銀行カードローンの審査は、消費者金融のそれに比べて通りにくいと言われています。実際にも、「収入の安定性」「年齢」等の条件をクリアしているのに何故か審査に落ちた、という事例も多少なりとあるようです。条件をクリアしてても落ちることがあるなんて、と不安に思われた方のために、他に考えうる審査落ちの原因をいくつかまとめてみましたので、銀行カードローンの審査対策としてご参考頂ければと思います。

 

債務の超過

いわゆる「多重債務」です。未だ完済していない債務を他の金融業者に対して既に負っている場合は、審査に通りにくくなります。未払いの債務の数が多ければ多いほど、審査をクリアしにくくなると言えます。では、何社までなら重複が許されるのか、という疑問に対してですが、はっきりした答えはありません。しかし、消費者金融の審査に比べれば厳しくみられると認識しておくべきでしょう。
ただ、そういった複数の債務をまとめて銀行カードローンにする、おまとめローンという手段もあります。このサービスに関しては多重債務を負っていても利用できるかもしれませんが、あくまで「まとめる」のであって新しく借入できる可能性は低いでしょう。また、債務が複数あっても、ほぼ返済を終えているのであれば、それらを一度他の金融業者で一本化してから銀行カードローンで審査を受ける方法もあります。

 

過去に信用を損なう行動をした

「ブラックリスト」という言葉を聞いたことはありませんか?債務整理、また返済の遅滞などの「信用事故」を過去に生じてしまっている場合には、審査も厳しくなります。支払いの遅滞がクレジットカードに係る場合でも審査に影響しますので、気をつけましょう。

 

複数の業者に短期間に融資を申し込んでいる

複数の業者に対して融資を申し込む場合も、申し込む感覚が短期間であると、審査に通りにくかったりします。返済できるかどうか、つまり資力を疑われるからです。一社に絞って申し込むと、落ちた場合にお金の用立てが間に合わなくなるかもしれない、との不安から短期感に複数の申し込みをする事が多いようですが、最近の審査は結果まで1〜3営業日、早くて即日とあまり時間がかからないので、複数を一度に申し込むのは避けたほうがいいでしょう。

 

現在の職場での勤務年数が短い

収入の安定性は、審査において重要視されるポイントです。では、具体的にどれくらいの期間継続していればいいのか?についてですが、3ヶ月が一般的であると言われています。しかし、厳しい審査体制を取っている銀行では6ヶ月から1年以上の勤務期間を要求されることも、ないとは言えません。

 

在宅、在籍の証明が不確実

申込時に記載した住所に本当に住んでいるのか、その記載した会社に本当に勤務しているのか、等を電話などで確認されます。確認がとれない場合は審査には通りません。現在は、自宅に固定電話をひいていない人も多いので、携帯電話で本人確認できればいいとされることがありますが、そういった場合は勤務先会社への確認がより厳正にされる事が多いので、しっかりと真正な記載・申告をしましょう。

 

公共料金に対する支払の遅滞などがある

電気・水道等の公共料金、また携帯電話料金がしっかりと支払われているかどうか、というのも審査の上で重要視されます。銀行カードローンを申し込まれる際には、「全て滞りなく支払いができているか」を事前に確認しておきましょう。

おすすめカードローン3社


オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
オリックス銀行 3.0%〜17.8% 最高800万円 なし
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短即日 なし

※ローンカード発行後



公式サイトへ 詳細へ


アコム


銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三菱UFJフィナンシャルグループ 3.0%〜18.0% 1〜800万円 30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
最短30分 なし


公式サイトへ 詳細へ


プロミス

プロミス
銀行グループ 実質年率 融資枠 無利息期間
三井住友フィナンシャルグループ 4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間
審査時間 派遣・パート レディース 即日振込
スピーディ審査

※即日融資は平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはプロミスポイントサービスにお申込された方

※フリーター/主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。


公式サイトへ 詳細へ


このページの先頭へ戻る